畳床の種類と特徴

外観からは全く見えないのが畳床です。中身は色々あり、稲ワラでつくられた藁床、藁とポリスチレンフォームを組み合わせた藁サンドイッチ床、藁を全く使わずインシュレーションボードのみのⅠ型建材床、ボードとポリスチレンフォームのⅡ型建材床Ⅲ型建材床、ポリスチレンフォームだけの化学床があります。

藁(ワラ)床

ワラ床良く乾燥させた藁を層になるように縦横に積み上げ圧縮し縫いあげてつくられます。藁の質、配列の仕方、均等に圧縮してあるかどうか、縫い目の間隔などによ り品質が決まります。たくさんの藁を使用し、配列を多くし、縫い目間隔が細かいものが高級品とされています。
 
 
  
長所

適度なクッション性・ ワラ独特の香り・ 吸湿放湿性にすぐれる
使って傷んだ場合の修理が容易
ワラを主体にするためリサイクルや焼却処理に適している。ワラの持つ吸放湿性が室内の環境改善に適している。

「畳干し」というお客様での管理が必要


短所

湿気により腐りやすい・ダニ等の害虫類にとって生活し易い
「畳干し」というお客様での管理が必要

 畳総重量30kgを超えるため、お客様での対応が困難畳。

 

藁サンド床

ワラサンド床サンド床はポリスチレンホーム、又はインシュレーションファイバーボードを藁ではさんだ床です。藁床に比べて軽くダニが発生しにくいのが特徴です。また感触が藁床によく似ています。
 
 
 
長所

ワラ畳床と比較して軽くなった。
ポリスチレンフォームの持つ断熱性が畳に付加された。


短所

最近ではポリスチレンフォームのリサイクルが問題とされている。ダニの問題。




Ⅰ型建材床

建材床Ⅰ型他のボード床に使われているポリスチレンフォームを使用せず、畳ボードのみで構成されています。


長所 フォームのへたりが出ないため耐久性に富み、リサイクル性や 環境負荷の面で優れている。
湿気に強い(ある程度)



短所

比較的価格が高く重い。


傷や凹みの修理が難しい


Ⅱ型建材床


建材床Ⅱ型使用材料はIII型とほぼ同様であるが、配置の順を変えたものです。比較的耐湿性の強いポリスチレンフォーム層を最下段に配置する事によりコンクリート直敷等に対応。

耐久性などはIII型と同程度。

長所

重さがワラ畳の3分の1

 ワラ畳に比べダニが住みにくく、埃も比較的掃除機で吸い取れ衛生的
 湿気に強い(ある程度)

床板との間で結露カビが抑えられる。

比較的に管理がし易い



短所



 傷や凹みの修理が難しい。
 工業製品のためリサイクルに課題がある。


Ⅲ型建材床

建材床Ⅲ型中心にポリスチレンフォーム、上下をインシュレーションボードで挟んだタイプ。
                  

    
長所

重さがワラ畳の3分の1

 ワラ畳に比べ、ダニが住みにくく、埃も比較的掃除機で吸い取れ衛生的

比較的に管理がし易い

湿気に強い(ある程度)

短所



傷や凹みの修理が難しい。
工業製品のためリサイクルに課題がある。